その他の生体一覧を見る

フクロモモンガ

在庫情報:爬虫類・両生類は、中野店大宮店仙台店にご連絡ください。
哺乳類・猛禽類などは、中野店仙台店へご連絡ください。
在庫要確認
コモンネーム:
Sugar Glider
学名:
Petaurus breviceps
成体時のサイズ:
全長約27cm
平均寿命:
7~10年 
原産地:
インドネシア(ニューギニア島)・オーストラリア
大きなクリクリした目と模様が可愛らしく、とてもよく慣れる頭の良い小動物です。
フクロモモンガは、カンガルーと同じくお腹に育児嚢を持つ有袋類です。
そして、最大の特徴は滑空する為の飛膜を持っています。

 
生息地:主に、インドネシア(ニューギニア島)・オーストラリア

寿命:7~10年  大きさ:最大全長約27cm  体重:平均110g
 
生態:樹上性・夜行性 

飼育スペース:
最低でも45×45×45cmで飼育・繁殖は可能ですが、広いにこしたことはありません。
 
飼育ケージ:
リス・モモンガ用の網ケージか前面スライドガラスのケージ。飼育者の使いやすいケージを選びましょう。生後6ヶ月くらいまでは、いきなり広いケージにしてしまうと居場所を作れずストレス
を感じてしまう為、プラスチックケースで飼育すると良いです。

飼育環境:
樹上性の生き物の為、登れる様に木を入れてあげましょう!寝場所は、木製巣箱やハンモック・ポーチなどで、ケージの上の方に設置してあげましょう!
ベビーの場合は、まだ登る事が上手ではない為、床に寝場所を作りましょう。自作でハンモックなどを作る場合、ほつれた縫い糸に注意してください。爪がひっかかったり足が絡まってしまったりと事故に繋がります。

飼育温度:
ベビーは、28~30℃ 生後7ヶ月以降は24~27℃が理想的です。

食事:
昆虫・果物・樹液・樹皮・花粉などを食べる雑食性です。昆虫が苦手な方でも飼育は出来ます!昆虫を食べるのは、動物性たんぱく質を摂取するためで動物性たんぱく質が含まれているモンキーフードSPS(人工飼料)やペット用のにぼしなどで代用がききます。
   
果物は、リンとカルシウムの割合が約1:1のブルーベリーやキューイフルーツ、マンゴーがオススメです。動物質・植物質は、半々の割合で与えるのが良いです。

生後4ヶ月くらいまでは、親の乳が恋しい為モモンガミルクをぬるま湯で溶いたところにモンキーフードSPSを入れふやかした状態で与えましょう!飲み水も、モモンガミルクで与えます。

栄養バランス:動物質・植物質は、半々の割合で食べていれば問題はないのですが、中には選り好みをする個体もいます。栄養バランスを崩さない様に、専用の栄養添加剤 ネクトンシュガーグライダー(粉末状)を飲み水やエサにふりかけて与えましょう。

慣らし方:
フクロモモンガは、匂いと鳴き声で仲間とコミュニケーションをとります。家に迎え入れたら、すぐに触るのではなく、手からエサを与え飼い主さんの匂いを徐々に覚えさせて慣らしていきましょう!次第に、手に乗る様になります。
名前は、すぐに決めて呼ぶ様にしましょう!鳴き声がコミュニケーションの1つなので、名前を呼ぶことによりそのイントネーションを覚え、反応します。

繁殖:
性成熟する期間は、オスで約7~12ヶ月、メスで約8~15ヶ月です。繁殖シーズンは一年中で、多くて年に3回出産します。
発情周期は約29日周期で、妊娠期間は15~17日間です。1回の出産で1~2匹の仔を産み、約2~3ヶ月間はメスの育児嚢で育てられ、その後親にしがみついて外へ出てくる様になります。オスも子育ての手伝いをするので、メスと分ける必要性はありません。
※繁殖させる場合は、計画的に行いましょう!万が一、飼育できない場合はお店にご相談下さい。

カラーバリエーション:
リューシスティックやホワイトフェイス、プラチナなどのカラーバリエーションがあります。

"リューシスティック"
3794363a7062ec99147c426568e83e60









"ホワイトフェイス"
d35ed69c



"店内繁殖個体"
02cdc30b340dbf09
1641c1c5b37e88f5



"ノーマル"
79429841b6d5b207

           

▲このページの一番上に戻る

生体名で検索

生体情報

餌情報

飼育用品・器具情報

ピックアップ

オススメ動画ランキング

イベント情報

ハチクラブログ